トップページ 詳細 魅力 特徴 安全性 追証ゼロ 「順張り」と「逆張り」 為替相場の変動

買いと売りの取引

FXの取引は買いで取引をすることができるだけでなく売りで取引をすることができます。そのため円安の局面でも円高の局面でも利益を出すことができ、また経済状況が好調でも不調でも利益を出すチャンスはあると言えます。そのため他の投資に比べて利益を出しやすい投資であると言えます。

そしてFXの取引をして利益を出せるようになるためには買いだけでなく売りでも取引をできるようにしましょう。そのほうが利益を出せる機会も多くなり、また売りでエントリーして取引がうまくいくと大きな利益に結びつくことも多いからです。

仕組みを知って勝負に挑もう

sfdwfd
為替相場の変動はなぜ起きるのか
FX取引を行うためには、外国為替市場の為替相場の値動きが欠かせません。
通貨を売買し、為替相場の変動を利用して利益を求めているFXでは、そのレートの動きを読み解いて予測していくことが必要になってくるのです。

為替レートは無作為で動いているわけではありません。通貨を発行している国や地域の経済の動向や政治の状況、近隣の国々との関係性や、戦争、自然災害、投資家たちの思惑など、様々な要素が絡み合いながら、秒単位で刻々と変動をしていくのです。

例えば、通貨を発行する国が政策金利の変更を発表した場合には、大きな値動きがみられることがあります。
それぞれの国や地域では、通貨の流れや量をコントロールするため、通貨に金利を変動することがあります。
およそ月ごとに行われるこの政策金利の発表の内容によって、市場には大きな動きが現れます。
政策金利の発表の前後には相場が活発に動き、金利が上がれば通貨の価値が上がって買われる傾向になるために、レート変動は上昇傾向になり、金利が下がれば通貨の価値も下がって売り傾向になるために、レートは下降傾向になります。

同じような動向を見せるものに、各国の経済指標の発表があります。経済指標とは、その国の経済状況をつぶさに表したもので、国内の経済が安定していれば通貨の価値が上がり、不安要素があれば価値が下がります。
指標の内容には、GDPや雇用統計など様々な要素があり、これを予測して投資の仕掛けを作っておこうという投資家の思惑も働き、政策金利の発表と同様にその前後から値動きが活発になります。

先の二つはあらかじめ発表の日時が決まっているために、相場が活気づく程度の値動きになるのですが、政府要人などの突発的な発言などがあった場合には相場が大きく乱高下する場合があります。
こうした発言や談話などは、基本的には定例会見や講演会などで発表されるものなのですが、時として突然に発表されることもあるため注意が必要です。

また、中央銀行による為替介入も突発的に行われるものの一つになります。
通貨の価値が上がりすぎてしまった場合や、逆に安くなりすぎてしまった場合などは、緊急的に政府が先導となって為替相場に介入し、通貨の売買を行ってその流通量を調整したりすることがあります。
直接に通貨の価値を上下に変更させていく目的で行われる行為ですので、先の三つの要因よりももっと直接的に相場が動き、激しい値動きや乱高下がみられるようになります。

このような要素のほかにも、地域紛争やテロなどの地学的リスクと呼ばれるものや、地震や台風、竜巻、火山噴火といった大きな自然災害も時に通貨を大きく変動させます。

こうしたことによる相場の変動で、大きな損失を負わないようにするためにも、常に相場からは目を離さないようにしながら、様々な新鮮な情報を常に取り入れ、また、万が一に備えて、レートがこれだけ反転したら通貨保持を解消するという決済注文を、あらかじめ仕掛けて自らで保険を効かせておきましょう。

 
(c) 2014 XEMarketsReview.com