トップページ 詳細 魅力 特徴 安全性 追証ゼロ 「順張り」と「逆張り」 為替相場の変動

買いと売りの取引

FXの取引は買いで取引をすることができるだけでなく売りで取引をすることができます。そのため円安の局面でも円高の局面でも利益を出すことができ、また経済状況が好調でも不調でも利益を出すチャンスはあると言えます。そのため他の投資に比べて利益を出しやすい投資であると言えます。

そしてFXの取引をして利益を出せるようになるためには買いだけでなく売りでも取引をできるようにしましょう。そのほうが利益を出せる機会も多くなり、また売りでエントリーして取引がうまくいくと大きな利益に結びつくことも多いからです。

仕組みを知って勝負に挑もう

sfdwfd
「順張り」と「逆張り」
日銀の追加緩和が行われなかったことで、一時105円台まで進んだ米ドル/円ですが、その後はアメリカの雇用統計で賃金上昇率がよかったことや、財務大臣の介入を用意しているという発言もあり、109円台にまで持ち直しています。

このように、円高トレンドというのはちょっとしたきっかけで大きく相場が動くので、為替投資にとっては大きなチャンスといえます!

為替投資のなかでも人気のバイナリーオプションですが、その予想の仕方には大きく分けて2つありますよね。1つは、そのときの相場の動きと同じ方向に予想する「順張り」。そしてもう1つは、そのときの相場の動きとはあえて逆方向に予想する「逆張り」です!

順張りでは、今も相場が上がっているのだから、今後もさらに上がり続けていくはずだ、と考えるわけですね。順張りをするときには、MCDAなどのトレンド系のテクニカル指標を用いることが多くなります。

一方、逆張りというのは、今は相場が上がり続けているのだから、そろそろ反転して下がるはずだ、という考えです。こちらの場合に、ボリンジャーバンドやストキャスティクス、RSIといったオシレーター系テクニカル指標を参考にすることが多くなります。

ただ、結果的にどちらの予想をするにしても、両方の種類のテクニカル指標を参考にしておいたほうが、より予想の確率が上がるということはおぼえておいてください!

ようするに、順張りをするときには、逆張りを見る指標でその可能性があるかをチェックしておく。反対に、逆張りを行うときには、順張りを見る指標でその可能性がどれくらいあるかをチェックしておく、というわけですね!片方だけのテクニカル指標をチェックしていると、こういった可能性を見落としてしまうことがあるので注意してください!

かならず、どちらの指標も確認しておく習慣を身につけておきましょう!

また、このような分析以外にも、バイナリーオプションを有利に進めるうえでおぼえておいてほしいポイントがあります。それは、ボーナスキャンペーンです!

多くのバイナリーオプション業者では、初回入金やその後の入金などに、何%分かを口座に加算するサービスを行っています。

もちろん、ボーナス分を直接引き出すことはできませんが、トレードに利用することができるので、それだけチャンスも増えるというわけですね!これをうまく利用していけば、取引コストを大きく減らして、より利益を増やすこともできるようになるわけです!

すでに口座を開設している人でも、利用できるキャンペーンは多く行われるので、こういった情報は定期的にチェックしておくようにしましょう!

今後の為替相場ですが、基本的には円高トレンドが続くと考えてよいと思います。そのなかで、アメリカの追加利上げや日銀の追加緩和など、トレンドが反転する局面に注意しつつ、順張りと逆張りをうまく使い分けてみてください!



 
(c) 2014 XEMarketsReview.com