トップページ 詳細 魅力 特徴 安全性 追証ゼロ 「順張り」と「逆張り」 為替相場の変動

買いと売りの取引

FXの取引は買いで取引をすることができるだけでなく売りで取引をすることができます。そのため円安の局面でも円高の局面でも利益を出すことができ、また経済状況が好調でも不調でも利益を出すチャンスはあると言えます。そのため他の投資に比べて利益を出しやすい投資であると言えます。

そしてFXの取引をして利益を出せるようになるためには買いだけでなく売りでも取引をできるようにしましょう。そのほうが利益を出せる機会も多くなり、また売りでエントリーして取引がうまくいくと大きな利益に結びつくことも多いからです。

仕組みを知って勝負に挑もう

sfdwfd
追証ゼロサービスを行っているXEマーケット
XEマーケットはとても魅力的です。とくにレバレッジやボーナス、さらにサービスも充実しているんです。注目するべきは、追証ゼロサービスを行っているということ。このことについては、FX比較サイトだけに留まらず、バイナリーオプション 比較でも話題になっているようです。

XEマーケットでは、たとえ損失が出たとしても、損失の上限を預入金額までと限定してくれています。なので、追証が発生することがない仕組みになっているのです。高いレバレッジやボーナスに加えて、追証が発生しないという大きなサービスが確立されているので、FXのなかでも指折りに入るほどの魅力を放っています。

「マージンコール」をしっていますか?証拠金が預け入れた金額よりも、一定の割合を下回ってしまったときに発動するものなんですが、このマージンコールが発動されると追加で証拠金を入金したり、もしくは「ロスカット」という強制的に決済させてポジションをなくすかのどちらかの選択を迫られるのです。ですが、いままでは、この選択権がなく、知らない間に損害が拡大していたということがありましたが、この「マージンコール」があるおかげで、自分の意志で追証をするか、損失を確定させて取引をやめるか選べる自由を手に入れたのです。

Web Relate: 平均足.net

siurerere

ただ、取引をやめるロスカットを選択したときでも、必ず損失を確定させられるという保証はありません。強制終了のようなものなので、強制決済の逆指値の注文を出したとしても、為替レートの変動が急変したために、注文と大幅に異なるレートで約定してしまうことがあるのです。これをスリッページといいますが、このような場合は、損失が拡大してしまう可能性もあり、過去に事例もないわけではないのです。最終的に、ロスカットをすることができずに、さらに多くの損害が広がって聞く可能性もあるということです。

海外のFX業者では、ほとんどのところで、追証ゼロサービスが導入されてきました。今では、標準的なサービスといってもいいでしょう。仮に追証が必要なケースでも、そのリスクを業者が負ってくれるので、追加で証拠金を入金する必要はないのです。XEマーケットでは、その損失を確定させるレベルを設定しています。どの口座でも、決済前のポジションの証拠金の総額20%以下になった場合は、強制的に決済へと回しポジションをたたむことになるシステムです。

仮に、注文時から約定までの間に大きく相場が動いてしまい、いつの間にか損失が膨らむ事態に落ちようとも、追証は発生しません。証拠金がゼロになれば、損失はおそれでストップとなるのです。また、XEマーケットでは、MT4やウェブトレーダー専用ツールが1つの口座で使うことができるのです。取扱いの銀行もイギリスで最大手のBarclaysなので、とても信頼度が高いことがみてとれます。今後の発展に期待しましょう。FXを始める前にバイナリーオプションで取引に慣れておきたい、という方がよくいますが、個人的にはOpteckというバイナリーオプション業者をお勧めしています。比較的新しい業者ですが、日本人が利用し易いサイト内容となっていて、サポートもしっかりしてます。
 
(c) 2014 XEMarketsReview.com